ロートピア緑泉ブログ

紅葉通り

10/3もみじ装飾

 

施設から見える奥羽山脈も間もなく紅葉してきそうな本日、施設内に一足早く紅葉通りができあがりました。

廊下の一角に作られたこのスペース。入所者の皆さんの心を癒してくれます。

春は桜、秋は紅葉。施設にいながら四季を感じることができる空間・・・。

今後も利用者の皆さんを楽しませてくれることでしょう。

デイサービス敬老週間

9/22

 

デイ敬老会本日からデイサービスセンター緑泉の敬老週間が始まりました。

この日のために練習を積み重ねてきた、「職員演芸友の会ご一行様」。

演目は10個にも及び、芸の幅広さにただただ驚嘆!

飛び入りでちびっこ(今日、小学校は代休でした)も加わり、利用されている皆さんもさぞ楽しんでくれたことでしょう。

 

・・・職員の皆さん、あと5日頑張ってください♪(゚▽^*)ノ⌒☆

緑泉敬老会

9/19

 

あいにくの空模様となり、稲刈りもH26敬老会一休みとなった本日、緑泉敬老会が開催されました。

100歳以上の入所者の方が2人もおり、ますます長生きしていただきたいと願うばかりです。

また、式典後には「日本民謡協会秋田県南支部 佐藤昌月ご一行様」がお祝いに駆けつけてくださいました。

突然のリクエストにも笑顔で応えてくださり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

来年の敬老会もぜひ、素晴らしい演奏と美声をロートピア緑泉に届けていただきたいと思いました。

緑泉夏まつり

8/10

 

第19回目を数える「緑泉夏まつり」。

夏まつり今年は台風11号の影響により縮小して開催しました。

出店はジュース、駄菓子、くじ引きを取りそろえ、利用者の皆さんも大変楽しんでおられました。

舞台演芸は「仙北花影舞踊ショー」。見事な歌や踊りに拍手喝采でした。

個人的には、職員がダンスを披露した、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」がなかなかグッド♪

 

夏祭りを楽しみにしていた町民の皆様、来年こそは盛大に盛り上がりましょう。

ちぎり絵第2弾

4/4

ちぎり絵

昨年1/7のブログで掲載した、干支のちぎり絵。

今年の大作もようやく出来上がったとの報告を受け、いざ記念撮影へ。

青空の下、大草原を闊歩する馬の姿が見事に描かれておりました。

今年も1人で製作したとのことで、手先の器用さは衰えていないと感嘆するばかりです。

ご本人に聞いたところ、「少し時間がかかってしまったけど、ようやく出来上がった。来年はもっと早く完成させたい。」と意気込みもバッチリ。

今後も期待大です。

新車が納車されました

3/10

ヘルパー車

≪ロートピア緑泉訪問介護事業所≫

このたび、2013年度日本財団福祉車両助成事業(ヘルパー車の整備)により、新たに新車を配備することができました。

ヘルパー派遣の希望時間が重なってしまうと、職員の車両を借りたりしながら、何とか対応しておりましたが、今回の事業により、さらに利用者の皆様の希望に沿ったサービスが提供できるものと考えております。

利用者の皆様、ますますのご利用をお願いいたします。

助成くださった日本財団様、本当にありがとうございました。

コンビニ開店!

2014.1.231/23

遅ればせながら

新年明けましておめでとうございます

今年も昨年同様よろしくお願いいたします

さて、今年最初のアップは、「コンビニ開店」でございます。

「ローソン琴平店様」のご協力により、施設内ホールの一角が「ローソンロートピア緑泉店」に早変わり。利用者の皆さんも楽しそうにお買い物をしておりました。

品切れとなった商品は、すぐに本店(?)から補充され、お客様も途切れることがありませんでした。

さらに、電話連絡をしておくと、欲しい商品をあらかじめ用意していただけるとか…。

サービスが充実したローソンロートピア緑泉店。今後の繁栄を期待しております。

Merry Christmas!

12/24

クリスマス会

「Merry Christmas!!」

遠くから鈴の音が聞こえてきます。

今日はクリスマスイブ恒例のクリスマス会を開催し、3名のサンタクロースと1匹のトナカイに扮した職員が、一人一人にプレゼントを手渡しました。

プレゼントをドキドキしながら開ける方々もおられ、外は雪が降り積もっておりますが、施設の中には笑顔が降り積もりました。

おいしいクリスマスケーキもいただき、楽しいひと時となりました。

感染拡大は阻止します

H25.12.112/2

今年も感染症の流行る時季となりました。

昨年のブログにも掲載しておりますが、今年もノロウィルス対策研修会を実施いたしました。

今回は、ベッド上や車いす移動中など、施設内で想定される状況での取り組みです。

さまざまなシチュエーションを想定し、「この場合はどのように対応すればよいのか?」など、いろいろと議論も繰り広げられました。

ノロウィルスは感染力が非常に強いため、徹底した消毒や殺菌が必要です。

水際で防ぐためにも、まずは職員の健康管理から。

感染症流行を前に

11/12

103_1112

大仙保健所の感染症予防対策事業の一環として、福祉施設巡回研修が行われました。

東北大学病院 総合感染症科の八田益充先生を講師にお招きして、当施設の職員はもちろん、嘱託医や他施設の職員も参加しての研修会です。

施設内を巡回し、感染対策について良い点、悪い点をいろいろと指導していただいたほか、感染症についての講義も行ってくださいました。

これから感染症が流行する時期。

水際で防ぐためにも、職員一人一人の取り組みが大切と痛感いたしました。